婚約指輪の種類

婚約指輪の情報として、最初に紹介するのはその種類についてです。婚約指輪の種類としては、リングのデザインと、ジュエリーの種類、そしてリングの材質といったような種類があります。それでは、それぞれどのようなものがあるのかについて紹介します。

まずはリングのデザインについてです。婚約指輪で一般的なデザインなのは、ソリティアと呼ばれる1つのダイヤモンドを立て爪で留めているようなデザインです。古くからの一般的な婚約指輪であり、根強い人気があります。昨今ではこのソリティアに加えて、メレと呼ばれるデザインも台頭しています。メレはメレダイヤモンドと呼ばれる細かいダイヤモンドをメインのダイヤモンドの種類に散りばめているデザインのことです。

次にジュエリーの種類についてです。婚約指輪は永遠の愛のモチーフということで、ダイヤモンドが使用される場合がほとんどです。しかし、中にはパールなどを使用する場合もあり、オリジナリティのあるリングを目指す場合にはその選択肢もないわけではありません。

さらに材質についてですが、これはプラチナが使用される場合が多いでしょう。ただ、中には合金を使用しているものもあり、こちらは多少安価になります。